スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
これでも小さいころは病院で暮らしてました
2006 / 07 / 22 ( Sat )
火曜日だったかな

雨降ってたけどテニスしてたんですよね

雨って言っても

どしゃ降りじゃなくて

小雨って言うのも違うけど

まぁ普通の雨の中テニスしてましたよ
続きを読む
スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(25) | page top↑
雪がふった日
2006 / 07 / 12 ( Wed )
ある、寒い冬の朝のことです

ゆきうさぎのハルカは、おうちの庭にゆきだるまをつくっていました

そこへやって来たお父さんが言いました


『お父さんはついに、こころの薬を発明したよ』


『こころのくすり?』


ハルカは聞きました

そうです、この薬をかけると、洗濯機も、時計も、テレビも、自転車も、皆が心を持って動けるようになるのです

喜んだハルカは、早速できたばかりのゆきだるまに薬をかけました

ところがゆきだるまは、いつまでたってもうんともすんともいいません

仕方がないので、次にハルカは、おうちのテレビにこころの薬をかけてみました

すると突然、テレビには何も映らなくなってしまいました

次にハルカは、洗濯機に薬を使いました。すると洗濯機はたちまち動かなくなってしまいました

今度は、柱時計に薬を使ってみました。すると柱時計のゼンマイも動かなくなってしまいました

自転車は走らなくなってしまい、ストーブの火もつかなくなり、ハルカの好きなオルゴールも鳴らなくなってしまいました

やがて夜が来ました。ハルカのうちはしーんと静まりかえって物音ひとつしなくなりました


『どうしてみんなうごかなくなってしまったの?』


悲しくなったハルカは聞きました


『きっと、みんな疲れていたんだよ』


お父さんが答えます

その夜はとても寒かったので、ハルカは震えて過ごしました

やがて朝が来ました

昨日の寒さが嘘のように、ぽかぽかとお日さまが輝いています

庭の雪も、みんなとけてしまいました

けれど、ハルカのゆきだるまだけは、いつまでも、いつまでも、とけませんでした

未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。